コーチングを学ぶ前に知っておきたい3つのこと

投稿日:2019年11月24日

コーチングを学びたい。

コミュニケーション能力を高めたい。

という方に…

 

コーチングを学ぶ前に

知っておきたいことをお伝えします。

 

《記事の内容》
1.コーチングを学ぶ前に知っておきたい3つのこと

 1-1 コーチングの定義は、人それぞれ違う
 1-2 コーチングを学ぶ目的を明確にする
 1-3 コーチングは、相手をコントロールする技術ではない
  

2.コーチングで重要な3つのこと
 2-1 在り方
 2-2 スキル
 2-3 話の流れ

 
あらためまして、ひめさとこです。

誰でも、読むだけでコーチングができる

「すまいるすごろく」を開発しています。

 

「自分を変えたい」「起業したい」という方が

自分らしい人生を送れるようになるために

毎日、ブログとYouTubeメルマガで、情報発信しています。

 

https://www.youtube.com/c/ひめさとこ

https://www.reservestock.jp/subscribe/21128

 

1.コーチングを学ぶ前に知っておきたい3つのこと

いろんな方のお話をお聴きしていると…

コーチングを学びに行ってから…

「あ、違った!」という方も、少なくないようです。

 

そこで、コーチングを学ぶ前に

知っておきたい3つのことをお伝えします。

 

1-1 コーチングの定義は、人それぞれ違う

 

「コーチング」と一言で言っても、

「コーチング」という言葉が、何を指すのか?

人やスクールによって、違いがあるようです。

 

私の「コーチング」の定義は、

相手から「引き出す」なのですが…

たくさんあるスクールの中には、

「教える」「アドバイス」が入ってくるところもあるようです。

 

テレビでやっている「お片付けコーチング」などは、

教える感じがしますよね?

 

また、「目標が無いと、コーチングできない。」

と言うところもあるようですが…

私は「目標を引き出すのもコーチング」と思っています。

 

あと、会社の目標のために、どう行動していくか?を

引き出すのがコーチングと考えているところもあるようですが…

私は、それだと、やらされ感になるので、

個人が本当にやりたいことと

会社の目標を関連付けることで

やる気を引き出すということを大切にしています。

 

子どもに対するコーチングでも、

主体性を高めることを目的としているものもあれば、

学習能力を高めることを目的としているものもあるようです。

 

このように、一言で「コーチング」と言っても、

定義が曖昧なので、

自分が学びたい「コーチング」は、何なのか? を

明確にした方がいいと思います。

 

 

1-2 コーチングを学ぶ目的を明確にする

 

自分が学びたい「コーチング」を明確にするためにも、

コーチングを学ぶ目的を明確にしましょう。

 

 

プロになりたいのか?

会社で使いたいのか?

子育てに使いたいのか?

スポーツで使いたいのか?

あるいは、自分を変えたいのか?

 

そして…

自分自身が、何を大事にしているのか?

も明確にするといいと思います。

 

主体性や自分軸なのか?

結果なのか?

 

あるいは、資格や金額、

かかる時間数や

対面なのか? オンラインなのか?

それとも、独学なのか?

 

まずは、何のために、

どのように学びたいのか? 理想像を描き、

どのスクールや学び方が、理想像に近いのか?

探してみるといいと思います。

 

《参考記事》コーチングスクールの選び方

 

 

1-3 コーチングは、相手をコントロールする技術ではない!

 

子どものやる気を引き出すため、

部下をやる気にさせるために

コーチングを学びたい。と思う方も少なくないと思います。

 

この時に、注意していただきたいのが、

コーチングは、相手をコントロールする技術ではない!

ということです。

 

「相手をコントロールする」となると…

「マインドコントロール」や「洗脳」のように

なってしまいますね。

 

私が思うコーチングは、

あくまでも、相手が行きたいところに

進んでいくためのサポート。

 

相手が望まないところに、

連れていくことはできませんし…

 

相手が行きたい場所を

コーチが決めることもできません。

 

 

コーチングでは、

「何かを変えたい人がクライアント」

という言葉があります。

 

なので…子どもを変えたい。

部下を変えたい。と思ったら、

コーチングを受けてみるのもいいと思いますよ?

 

《参考記事》いい人間関係をつくるコツ ~会社でのコーチング~

 

2.コーチングで重要な3つのこと

コーチングで重要なことも、3つあると思います。

その3つをひとつずつ、解説していきます。

 

2-1 在り方

 

私が作ったコーチングツール「すまいるすごろく」には、

コーチの約束として、次の5つが書いてあります。

 

この5つの約束が、コーチの在り方だと思います。

 

 
 【コーチングの約束】

 

 必ず守秘義務は守ります

 何を言っても否定しません

 無限の可能性を信じます

 特定の答えに導いたりしません

 対等な関係で関わります

 

1.必ず守秘義務は守ります

話の内容はもちろん、

「Aさんに、コーチングをした」ということも守秘義務です。

 

2.何を言っても否定しません

それぞれの価値観に沿って、常に最善を尽くしています。

「あなたと同じように生まれ育ったなら、

私も同じことをしたでしょう」という

想いを持って接するということも大切です。

 

3.無限の可能性を信じます

今が、どんな状態であったとしても、

どの人にも、未来には、無限の可能性があります。

それを信じて関わります。

 

4.特定の答えに導いたりしません

コーチの価値観に導かない。

相手が本当に行きたいところはどこなのか?

「~したい」と言っていたとしても、

「~しない」になってもいい。

 

5.対等な関係で関わります

「コーチングをしてあげる」

「答えを探してあげる」と思わない。

希望される方に、コーチングをさせていただく。

答えを探すのは、クライアントさん本人。

 

 

2-2 スキル

 

 

相槌、うなづき、表情から、

声のトーン、大きさ、

臨場感の作り方など…

 

恐らく、スキルは、ほぼ、無限にあるし…

スキルは、どんなツールを使ったとしても、

練習でしか身につかないと思います。

 

 

2-3 話の流れ

 

コーチがリードするのは、話の流れです。

この話の流れが、

セッションの良し悪しを決めると言ってもいいと思います。

 

「すまいるすごろく」は、

このセッションの流れをすべて、見える化しているので、

誰でも、読み進めるだけで、コーチングができるのです。

 

 

スキルを書いてある本は、多いと思いますが…

セッションの流れを書いてる本は、少ないかもしれません。

 

まずは、無料ダウンロード資料をご覧になってみてください。

【無料プレゼント】

人間関係を変えるコミュニケーションとコーチングの基本

全58ぺージの資料が無料でダウンロードできます☆

 

 

 

コミュニケーションを変えたい方

コーチングを学びたい方には、

読むだけで、コーチングセッションができる

「すまいるすごろく」 がオススメです。

「すまいるすごろく」は、こちらから、ご購入いただけます。