コーチングを独学で学ぶ OR スクールに通う

投稿日:2020年1月10日
カテゴリー:コーチング 起業

投稿日 2020.1.10

更新日 2020.1.10

コーチングを学びたい!と思った時に、

独学で学ぶか?

あるいは、スクールで学ぶか?

迷う方もいらっしゃると思います。

  

スクールは、遠いし、高いし、

時間も、お金も、かかると思う方が、

ほとんどだと思いますしね。

  

そんな方に、独学で学ぶ時の注意点や

スクールを選ぶ時の注意点などをお伝えしていきます。

  

  

※無料プレゼント

人間関係を変えるコミュニケーションとコーチングの基本

   


 《記事の内容》
 1.コーチングを独学で学ぶ OR スクールに通う
  
  1-1 独学とスクールの利点と欠点
  1-2 目的を明確にする
  1‐3 価値観を明確にする
  
 2.プロになるためには、スクールが必須?
 
 
  

こんにちは。

心理玩具クリエイターのひめさとこです。

 

誰でも、読むだけで簡単にコーチングができる

「すまいるすごろく」を開発しています。

 

「起業したい」「売上を上げたい」というひとり起業家の方が

自分の“ウリ”を生かして、

周りの人から、「○○と言えば、あの人!」

と言われるようになるために

ブログとYouTubeメルマガで、毎日、情報発信しています。

  

https://www.youtube.com/c/ひめさとこ

https://www.reservestock.jp/subscribe/21128

 

1.コーチングを独学で学ぶ OR スクールに通う

  

コーチングを学びたい!

そう思った時に、独学で学ぶか、

スクールに通うか、悩む方も少なくないと思います。

  

そんな方のために、

独学とスクールの違いや利点・欠点などを

お伝えしていきます。

 

  

1-1 独学とスクールの利点と欠点

 

独学は、何と言っても、

お金がかからない。

または、お金が少なくて済む。

  

あとは、独学だと、

やっぱり、くじける人が多いのではないでしょうか?

  

  

コーチングではないですが…

私自身は、illustratorを学ぶのに、

2度、挫折して、3度目の正直で、

ようやくある程度、身につけることができました。

  

結局、10年近くかかってしまったような…

  

  

それから…

やっぱり、コツを知っている方から学ぶのは、

早いと思います。

  

自分だけだと、あちこち、

頭を打ちながら、進むことが多いので。

  

  

とはいえ、最近は、本だけでなく、

YouTubeでも、学べるので、

そんなところで、学んでみて、考えるのもいいかと思います。

 

こちらからも、独学で学んでいただけます。

 

 

スクールは、

当たり前だけど…

お金も、時間も、かかります。

 

ただ…独学で、くじけるのなら、

結果的には、時間が少なくて済むかもしれません。

 

あとは、仲間ができますね。

私が、日本一周できたのも、

コーチングスクールの仲間や先輩方の

協力があったからこそ! です。

 

 

そして…仲間がいるからこそ、

くじけそうになった時にも、

支え合うことができるし…

頑張っている姿を見ると、刺激になります。

  

今となっては、こちらの方が、

私にとっては、財産かもしれません。

  

  

ただ…厳しいことを一言だけ言っておくと…

スクールに行ったからと言って、

自分を変えてもらえるわけではありません!

  

スクールに通ったとしても、

自分の努力は、必須です!!

 

  

スクールは、こちらに、ざっくりとですが…

掲載しました。

  

    

1-2 目的を明確にする

  

コーチングを学ぶ目的も、様々だと思います。

 

・プロになりたい

・部下指導に生かしたい

・子育てに役立てたい

・スポーツに生かしたい

・自分を変えたい などなど…

 

あるいは、

・在り方を整えたい

・セッションができるようになりたい

・心理学を日常に生かしたい

 

 

プロコーチを目指すのなら、

もちろん、セッションができるのは必須ですが…

 

子育てに生かしたいのなら、

セッションよりも、考え方・在り方の方が大事かもしれません。

 

そんな自分自身の目的を明確にし…

目的に合った手段は何なのか?を選ぶ。

  

  

多くの人は、条件から、選び勝ちかもしれませんが…

条件で、選ぶと失敗するかもしれません。

  

安いから。

近いから。

そんな条件で選んで、学べたけど…

セッションに自信が無い。

という方も少なくありません。

  

もちろん、条件も大事でしょうが…

目的や、価値観の方がもっと大事だと思います。

 

  

1-3 価値観を明確にする

  

スクールを選ぶ場合は、

自分の価値観とスクールの価値観も明確にします。

  

この価値観や、目指すところが違うと…

お金を払ったのに…違和感が出る。

な~んてことも、少なくないようです。

  

  

価値観とは…

大事にしていることですね。

  

 例えば…

 クライアントさんが言っている目標を達成させるのが

 コーチングと考えているスクールもあるようですが…

  

 私は、クライアントさんが本当に行きたいところに

 行くためのお手伝いがコーチングと考えています。

  

 同じように感じるかもしれませんが…

 私自身は、クライアントさんが言っている目標は、

 本当に行きたいところではない

 可能性があると考えています。

  

 ダイエットしたい人は、ダイエットできないから

 コーチングを受けに来ます。

  

 でも、そもそも、

 ダイエットのやり方は知っているはずですし…

 モチベーションが足りないか、

 本当は、やりたくない、のどちらかだと思うのです。

  

 本当はやりたくないのに、

 そこに向かって頑張らせるのは、

 私は、いいとは思わないんです。

  

 これが私の価値観ですね。

    

  

そもそも、「コーチング」の定義も、

「引き出す」ではなく、

「教える」と考えているところもあるようなので、

ご自身が、何を期待しているか? も

考えるといいと思います。

  

何が、いい、悪いではなく、

お片付けコーチングなどは、

「教える」という要素もありがちかもしれませんよね?

  

  

2.プロになるためには、スクールが必須?

  

「プロになるためには、

スクールに通わなければいけないのですか?」

  

このような質問を受けることもありますし…

私自身は、スクールに通いましたが…

通わなくてもいいと思います。

 

 

この記事を書いている2020年時点では、

コーチングの日本での国家資格はありません。

 

資格がなくても、プロコーチになれます。

  

 

それに、先ほども言いましたが…

スクールに通ったからと言って、

プロになれるものではありません!!

  

 「このスクールの時間は、メインデッシュではありません!

 メインデッシュは、みなさんが、

 スクールとスクールの間にする練習です。

  

 ただ…半年間、スクールに通う人と、

 その間、100人、200人と、

 コーチングセッションをする人では、

 半年後に大きな差が出ます。

  

 だから…練習してください!」

  

 これが、私が、コーチングの師匠に言われたことです。

    

そう。

結局、独学もしなきゃいけない!

  

○○スクールを出ました。

○○資格を持っています。

こんなことを気にするのは、業界人だけ。(笑)

  

そんなことよりも、どれだけ、お客様のお役に立てるか?

お客様に満足していただけるか?

それさえあれば、独学でもプロにはなれると思います。

 

  

いずれにしても、練習は必須です!

スキルアップなくして、プロにはなれません!

 

プロコーチが起業に失敗する理由は、この3つです。

  

 

まずは、自分自身が、本当にコーチングを学びたいのか?

コーチングを受けるのもいいと思います。

 

いろんなコーチングを受けることで、

これがいい、これは合わない、といった、

自分の期待することも明確になってくると思います。

 

無料の練習を受けるのも勉強になります。

自分がクライアントになることで、

これは、嫌だな。とか、これは大きな気づきがあった。とか、

自分がコーチとして、関わる時の注意点が明確になります。

 

そんなところから、始めてみるのもいいかもしれませんね?

  

 

コーチングを学びたい方、

失敗せずに、コーチングセッションがしたい方は

誰でも、簡単に、読むだけでコーチングができる

「すまいるすごろく」がオススメです!