商品開発は、○○が買いたいものを創れ!

投稿日:2019年12月31日

投稿日 2019.12.31

更新日 2019.12.31

もし、あなたが、商品開発をするとしたら…

誰が買いたいと思う商品を作りますか?

  

この答えが、売れ行きの明暗を分けるかもしれません。

  

※無料プレゼントは、一番下の方にあります。

   


 《記事の内容》
 1.商品開発は、○○が買いたいものを創れ!
  
  1-1 商品開発は、誰にでもできる?
  1-2 ○○が買いたいものを創る!
  1‐3 リサーチの落とし穴
 
 2.商品開発の第一歩
 
  2-1 決める
  2-2 考え続ける
 
 
  

こんにちは。

心理玩具クリエイターのひめさとこです。

 

誰でも、読むだけでコーチングができる

「すまいるすごろく」を開発しています。

 

「起業したい」「売上を上げたい」というひとり起業家の方が

自分の“ウリ”を生かして、

周りの人から、「○○と言えば、あの人!」

と言われるようになるために

ブログとYouTubeメルマガで、毎日、情報発信しています。

 

もし身近に、私でお役に立てる方がいらっしゃいましたら、

教えてあげてくださいね。

 

https://www.youtube.com/c/ひめさとこ

https://www.reservestock.jp/subscribe/21128

 

1.商品開発は、○○が買いたいものを創れ!

  

あなたは、何のために、

商品開発をしたいと思いますか?

 

商品開発なんて…私には、無理!

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

本当にそうでしょうか?

 

 

1-1 商品開発は誰にでもできる?

 

今の時代…

もう、商品開発は、ゼロイチではない。と言われています。

 

無から有を生み出すのではなく、

1+1で「新しい1」を生み出す時代。

 

 

 「すまいるすごろく」 も、

 実は…「コーチング」+「魔法の質問」から始まりました。

 

 「プロコーチ」+「しつもん」

 プロにならなくても、コーチングができたらいいな。

 

 それが、結果的には、

 「コーチング」+「すごろく」になったのです。

 

何か、特別なスキルがあるとか、

発想力がすごいとかって話じゃなくて、

ただ、『あきらめ』が悪いだけ。(笑)

 

欲しいものは、欲しい。

作りたいものは、作りたい。

ただそれだけなんです。

 

  

 「すまいるすごろく」 は、

 私にとって、初の有形商品。と言えると思います。

 

 「コーチング」+「魔法の質問」って考えた時に、

 プロコーチ養成スクールで、18日間、学んだことと

 「魔法の質問」で学んだことを

 全部、復習し直しました。

 

 そこから、試行錯誤が続き…

 こんなことやってみたり…

 ちょっと画質が荒いけど…

 キティちゃんを使ってみたり…

 試行錯誤をしまくって、

 今のカタチになったんです。

 

だから…あたしは、

能力や才能よりも、

作りたい!という情熱が大事だと思ってます。

 

特に最初は、慣れないことだらけだから…

「情熱」と「あきらめの悪さ」が大事!

 

初めて、自転車に乗る時と一緒。(笑)

 

  

1-2 〇〇が買いたいものを創る!

     

今、現在、私が開発した有形商品は、9つあります。

 

いろいろ、作ってみて、わかったことは、

自分が買いたいものを創るのがいい!!

 

もちろん、お客様が誰なのか?

そのお客様の悩みから考えるのも大事!

 

だけど…

お客様の層によっては、

自分の想像でしかない場合がある。

 

そうすると…

そのお客様が、本当に欲しいものか?

わからないわけ。

 

 

 例えば…

 今回、新商品を監修してくださっている

 ビリオネアの川原氏に向けて、

 商品開発をしようと思っても、

 

 私自身が、

 会社のオーナーってのをやったことが無いし…

 億を超える資産を持ったことが無いし…

 そんな方が、どんなことに悩んでて、

 どんなことに困ってるか? なんて、

 想像がつかない。

 

 「ビリオネアのための○○」な~んて

 商品ができたら、

 差別化はできるかもしれないけど…

 本当に買っていただけるか? 謎だよね?

 

だったら…

今の自分や、過去の自分が、

定価の何倍も出してでも、

欲しい商品の方が売れると思う。

 

 

それに、ひとり起業家の場合…

売るのも、自分だから…

 

どうしても、

商品に対する「これいいでしょ?」って想いとか、

商品を使って、「私がこう変わりました!」

ってのが、

エネルギーとなって相手に伝わる。

 

このエネルギーが冷めてきた時には、

おのずと発信も減るし…

文章のエネルギーも変わってしまう。

 

その結果…売れなくなっちゃうんだよ。

 

  

1-3 リサーチの落とし穴

   

お客様に対するリサーチも大事だし…

私も、何気なく、リサーチするんだけど…

 

リサーチは、上手にしないと…

「困っていることや、悩んでいることは

何ですか?」って聞いて、

新商品を作ると、落とし穴に落ちる場合があるのね。

 

 

どんな落とし穴か? って言うと…

「困っていたり…悩んでいたりするけど…

お金を使って、解決するほどじゃない」

という落とし穴。

これだと、商品が売れないワケ。

 

 

逆に、今の時代は、

「悩んでない悩み」の方が大事。

 

人が「欲しい」と思う物のほとんどが、

すでに商品化されている。

 

だから…

「あ~!確かに、それあるといいかも?」

という物が売れる。

 

Encode Ringは、まさしくその代表格だと思う。

声で作る世界にひとつのアクセサリー

 

音の波形が指輪になっていて、

アプリで音を読み込んで、出せるらしい。

 

 

例えば…

赤ちゃんの産声とか、

プロポーズの音声が、

指輪になってたらいいよね?

 

でも…

これは、いくらリサーチしても出てこないと思う。

  

それを探すのが、めちゃくちゃ大事!!

 

  

2.商品開発の第一歩

  

ここまで読んでくださって…

Encode Ringの話を聴いたりして…

商品開発のハードルが高くなってしまった方も

いらっしゃるかもしれない。

  

なので、商品開発の第一歩を

具体的にお伝えしようと思います。

  

  

2-1 決める

  

シンプル過ぎて、怒られるかもしれないけど…

「商品開発をする!」と決めることが大事!!

  

決めるからこそ、始まる!!

  

目的は、なんだっていいと思う。

差別化のためでもいい。

お客様に貢献するためでもいい。

お金を稼ぐためでもいいと思う。

  

本当にいい売れる商品なら、

これ全部できるし。(笑)

  

  

そして…次に決めるのが、お客様像。

  

あたしの考えでいくと…

どの時点の自分か? ということ。

  

ちなみに、新商品は「今の自分」が

欲しいものを創った。

  

「今の自分」が欲しいものだから…

大きな変化は、まだ、伝えられないけど…

絶対にいい!というエネルギーは強い。(笑)

  

 【川原塾監修】すまいるすごろく営業版

  

 ひとり起業家のための利益を増やす

 【セルフマネジメントノート】

  

つい、話がそれちゃいました。汗

  

  

お客様の次に決めるのが、コンセプト。

  

最初の例で言うと…

「コーチング」+「魔法の質問」

  

別の言い方だと…

「どんな何?」

  

ここまで決めたら、コンセプトに沿って、

試行錯誤していくだけ。

  

  

2-2 考え続ける

  

試行錯誤の大事なことは、

「そのことについて、考え続ける」

ってことだと思う。

  

逆に言うと…

そのことについて、考え続けたいものを創る

って感じ。

  

これは、商品が出来上がってからも、

ずーーーっと続く。

  

  

考え続けて…

改善し続けるからこそ、

他社が追随できない「差別化」になると思う。

  

商品の完成がゴールではなく、

商品の完成が、次のスタート。

  

  

売ってみて終わり。ではなく、

売ってみて、改善を続ける。

  

タイトルや、案内文も、改善し続ける。

  

あえて、参考のために残しておくが、

さきほどの【川原塾監修】すまいるすごろく営業版

画像も、上の案内と、下の案内では、違う。

  

 

下が改善前、上が改善後。

  

どっちがいいか? 検証中だけど…

かなり、イメージは違って見えると思う。

  

まぁ、商品開発も、決して楽ではない。

楽ではないからこそ、楽しむ。(笑)

  

というわけで、

次の商品も、自分のために作ります!

  

  

 

 

【川原塾監修】すまいるすごろく営業版

 

  

コツコツするための自己管理に。

 

 

 

 

  

 

【無料プレゼント】

人間関係を変えるコミュニケーションとコーチングの基本

全58ぺージの資料が無料でダウンロードできます☆

 

コミュニケーションを変えたい方

コーチングを学びたい方には、

読むだけで、コーチングセッションができる

「すまいるすごろく」 がオススメです。

 

「すまいるすごろく使い方講座」は、

参加費500円で、オンラインで随時開催中。

「すまいるすごろく」をお持ちでなくても、体験できます。

 

「すまいるすごろく」は、こちらから、ご購入いただけます。